三十三間堂
 三十三間堂
三十三間堂の建築
 仏  像
千手観音坐像と千体千手観音立像
風神雷神と二十八部衆
 創建と歴史
創建と歴史
 拝観ご案内
三十三間堂のご案内
年間行事
 お知らせ
 リンク集
お知らせ
本尊普賢菩薩「五月会」奉修のご案内

当院では
5月のご本尊ご縁日を「五月会:さつきえ」と呼称し、その法要を一般に開放、
合わせて、通常非公開の奥書院(玉座・御座之間)、庭園(旧積翠園)、
不動尊像(重文・平安期)等を無料公開いたします。

本年も、文化財公開の他、普賢堂にて「願い散華奉納の儀」を行います。
今回は、講演会と横笛など楽器の奉奏も催されます。
毎年、一日だけの境内開放です。お誘いあわせ来院、ご参拝下さい。

合掌

五月会行事
・法華三昧 奉修
9:00〜9:30  :普賢堂
・願い散華奉納
9:30〜16:00:普賢堂
・書院無料公開
9:30〜16:00:庫裏より
・講演・楽器奉奏
14:00〜15:00:白書院

『古事記』と日本文化
京都大学名誉教授
鎌田東ニ先生

※当日は係員が誘導・案内いたします。 無料公開受付は15:30迄となります。
  • 1仏像・襖など、文化財の写真の撮影はできません。
  • 2境内に駐車場はありません。
  • 3殿内の車椅子・杖等は使用できません。
  • 4殿内への大型荷物の持ち込みは禁止です。
  • 5拝観(特に普賢堂参拝)は、順路・係員の指示に従ってください。

本尊:普賢菩薩

当日、行われる法要は、法華経に説かれる、懺悔(悔い改め)の方法です。普賢菩薩の前で悔い改め、清らかな六根(目、耳、…意識の六つの感覚器官)を得ようと勧めています。仏道は、身心の「自浄」を目指すものです。好季の一日、普賢菩薩の前で自省することにより、清らかで安らかな仏心に近づけることでしょう。
散(さん)華(げ)は「はなびらをまいてほとけに供養(おもてなし)すること」を言い、それに用いる花びら自身もそう呼ばれます。当日は、普賢菩薩が仏前にはなびらを供え、お香をたいて身心を清めたという経説にあやかり、「五色のはなびら」に願いごとを書いて、仏前の華籠(はなかご)に奉納し参拝します。
五月会だけの儀礼です。是非お参り下さい。
天皇様の交替、新元号制定の年に因み、日本最古の歴史書とされ、“天皇による和国造りの由来を物語る”『古事記』のご講話をいただき、天平の雅楽草創期から伝わる千古の楽器「横笛・石笛」を先生ご自身により演奏いただきます。
お問合わせ先: 妙法院 075(561)0467 
Copyright(c) 2007 Sanjusangen-do,All right reserved.