三十三間堂

お知らせ

2018年12月09日

平成31年1月13日(日) 9:00〜15:30

楊枝(やなぎ)のお加持と通し矢

当日は三十三間堂を無料開放します。

聖樹の楊枝で参拝者を加持 今年一年の無病息災、健康を願う

※当日のみの特別即日祈願を行っております。

 1件3,000円 お申し込みは当日お堂入り口にて受付しております。

 お名前入りの当日限定のお札、福柳、お守り3種等を授与

 

楊枝(やなぎ)のお加持は
インド伝来の修法で、平安時代からの伝統を持つという三十三間堂最重要の法要です。儀式では聖樹とされる「楊枝・やなぎ」で、観音様に祈願した法水を参拝者に注いで、無病息災を願うもので、特に頭痛に効くと伝えられます。

大的大会は
江戸時代の「通し矢」にちなむ大会で、全国から約二千人が参加し、楊枝(やなぎ)のお加持と同日に行われます。特に新成人の晴れ着姿での競技は、正月ならでは華やかさがあり京都の冬の風物詩のひとつで、終日賑わいをみせます。

 

大変込み合いますので公共の交通機関をお使いの上、ご来堂ください。

JR京都駅より徒歩15分
京阪電車七条駅より徒歩7分
市バス206・208・100号系統「博物館・三十三間堂前」下車すぐ。

 

皆様のご来堂を心よりお待ち申し上げております。

 

 

当院所蔵文化財の映・画像の使用・撮影について 仏教文化講座のお知らせ
Copyright (c) Sanjusangen-do All rights reserved.
本ページの一部又は全部を無断で複写・複製・転載・データファイル化することを禁じます。