三十三間堂

お知らせ

2019年09月14日

仏名会参加者募集のお知らせ

 

『仏名会』は、滅罪生善の修行で、古来、歳末に、宮中や大寺で夜儀として行われました。

後白河院庁・法住寺殿でも執行された記録が残ります。本行は、平成30年3月、千体観音立像の新国宝指定を記念して数百年振りにその古儀が再興されました。行く年を顧み、来る年の無事を祈る・・・

一年の結びとしてご参加お待ち申し上げます。

 

      

礼拝は、膝立ちから尊名を唱えて、起立礼をして、元の位置に戻る長跪礼(ちょうきらい)です。

小憩をはさんで前後50尊、約60分の修行です。各自の体調に合わせて行います。尊名を唱える「称名」

が第一義ですので礼拝は座礼(ざらい)でもかまいません。

 

日 時:令和元年12月7日(土)16:00〜19:30
場 所:三十三間堂
内 容:百体の観音さまの尊名を1仏ずつ唱え礼拝する約60分の修行です。
冥加料:五千円(参加証として白浄衣、結縁遂業証の授与あり)

申込方法:↓より申込用紙をDLし必要事項をご記入の上 当事務局まで送付してください。

 

申込用紙のダウンロードはこちら

 

問い合わせ:三十三間堂 仏名会事務局

TEL075−561−0467

FAX075−561−6698

 

2019年08月19日

9月、10月の「黙念端座の会」満定員につき募集を終了致しました。

沢山のお申し込みありがとうございました。

次回募集は当H.Pまたは堂内掲示板にてお知らせ致します。

 

 

 

三十三間堂黙念端座の会事務局

当院所蔵文化財の映・画像の使用・撮影について 仏教文化講座のお知らせ
Copyright (c) Sanjusangen-do All rights reserved.
本ページの一部又は全部を無断で複写・複製・転載・データファイル化することを禁じます。